メンタルのこと

要は捉え方次第。インスタは悪じゃなかったよってお話

こんにちは、にこ(@nikoblogmemo)です。

以前投稿したこちらの記事。

あの時インスタのアカウントを停止してから約1年が経ちましたが、先日間違えて当時のアカウントでログインしてしまい、自分のインスタを復活させてしまいました。

…今はまたインスタをやってます。

その理由はなぜなのか、インスタをやめてみて何が変わったかなど綴っていきます。

インスタを辞めて変わったこと

インスタを1年辞めてみても、私の場合は何も変わりませんでした。

むしろ私にとっては悪い変化だったように思います。

インスタを辞めたことで

「やる気がなくなった」

んです。

インスタ映えの写真を撮るのが生き甲斐だった!という訳ではないのですが、私がインスタに投稿していたのは「自分の思い出」でした。

インスタを辞めることで誰にも何にも残すことはないし、『楽しい思い出を残したい!』っていう気持ちが薄れていたみたいです。

みたい、というのも「インスタを復活させたよ~」とに先日話したところ、こんな風に言われました。

夫
前のにこは、出先で楽しそうに写真を撮ったり、インスタに載せるから~って美味しいごはんを作ってくれたりしてた。

だけどここ最近は何にもやる気なさそうだったから、前みたいに楽しそうにしてるにこがいいな。

自分でも自覚していましたが、私は性根が本当にズボラ

誰かに見られていないと
誰かと一緒じゃないと

全然何にもやる気がでないんです。。

(これが「私は一人暮らしは絶対できない」と思っている理由でもあります)

それがまさにインスタを辞めたことで、私の場合はあだとなっていたようでした。

インスタを辞めたら、もっと自分の時間を使えるぞ~とか意気込んでいましたが、思い返してもそんなことはありませんでした。。

インスタはどうして「悪」だった?

じゃあなぜ、急にインスタを辞めたのかというと

妊活を始めた時から「人と比較」してしまう自分が嫌で、赤ちゃんを抱っこしている友達の投稿を見ないようにしたかったからなんです。

でも、1年間妊活をしてみて、ちょっと吹っ切れている今は、そんな友達の投稿をみても特に何も感じません。

むしろ「私もいつかこんな写真を撮りたいな~」って憧れてみたり。

この1年、心が荒み切ったからか、逆に今は穏やかになっています。笑

そもそもインスタで繋がっている友達は

こんな風に勝手にひとりで人と比較して、対抗心を燃やしていた私ですが、そもそもインスタで繋がっている友達には、本当にいろんな人がいて

  • 仕事を頑張っている友達
  • 海外留学している友達
  • 起業している友達
  • 新しい趣味をはじめた友達

みんな子どもはいなくても、すごく楽しそうに過ごしてるんだなぁって言うのを感じて、今の自分があほらしくなりました。

自分の人生は自分だけのものなのに、どうして比較なんてしちゃってたんだろう

って恥ずかしくなりました。

しかも子どもは自分の力だけではどうしようもないことなのに!

周りを見ることで、やっと自分の気持ちに気づけたような感じです。

インスタをまた始めて良かったと思ったこと

ということで、インスタをまた始めた訳ですが、急に投稿しなくなった私を気にかけてくれていた友達から連絡が来たりしました。

大人になっても「また遊ぼう~!」って誘ってもらえるのって、すごく嬉しいですよね…!

「子どもができるかもしれないから」「仕事がどうなるかわからないから」って遠慮してたことも、今年はどんどん復活させていきたいと思います。

この記事が「インスタ、またやってみようかな~」って悩んでいる方に届いたら嬉しいです。

最後に、「人と比較」してしまう自分が嫌だと思っている方にこの曲をおすすめします。

すごく優しい曲なので、きっと前向きな気持ちになれると思います♪

にこ
にこ
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
ツイッターでは更新通知も行っています。フォローしていただけると嬉しいです!