妊活日記

【妊活日記】全部リセットじゃ!こんな一年はもう二度と過ごしたくないと思った日

にこ
にこ
こんにちは、にこ(@nikoblogmemo)です。

タイミング療法の為定期的に産婦人科に通っていましたが、実は10月末を最後に通院をさぼってしまっていました。

11月に通院しなかった理由

11月は排卵日に夫が実家に帰らなければならない理由があり、排卵日前後に一緒にいることができなかった為、あえて通院しませんでした。

せっかく病院で排卵日を診てもらっても、その前後に行為が取れないなら診てもらっても意味がないと思ったからです。

それともう一つ。

夫の親戚が出産し、その赤ちゃんに会いに行く用事が決まっていたんです。

夫は「無理して赤ちゃんに会わなくてなくてもいいよ?」と言ってくれましたが

夫は親戚とのつながりを意識しているタイプ…。

そうわかっていたので、気持ちは有難かったですが「じゃあ会わない」とは言えませんでした。

そして、強がって

「大丈夫、全然会うよー!」なんて言ってしまい、後々自分の気持ちを大いに苦しめることになりました。

赤ちゃんに会う3日前に

親戚の赤ちゃんに会う3日前に、気持ち程度の出産祝いを買いに行きました。(一人で)

西松屋みたいなお店に一人で入り、新生児用品を選んでいる途中は何ともなかったんですが、家に帰った途端にふと

『私は赤ちゃんのお母さんに対して、おめでとうって笑顔で言えるかな』

そう思い、苦しくなりました。

 

おめでたいことなのに。

自分もいつかお祝いしてもらうかもしれないのに。

誰も悪くないのに。

 

自分で自分を追い込んで、勝手にネガティブになってるだけと、言い聞かせたい気持ちは山々なんですが、どうにも気持ちのコントロールができず泣いてしまいました。

元々私はそんなに気が弱いつもりじゃなかったし、自分の気持ちもある程度コントロールできてきたつもりでした。

なので当日もし、

赤ちゃんのお祝いムードの中、泣いてしまったりしたらどうしよう…!?

と急に不安になってきたんです。

そんなことを思いながらも、今更「やっぱり会えない」とは言えないし

私が会えないと言ったところで良いことなんか何もないよね…と割り切り、当日を迎えました。

親戚の赤ちゃんは「かわいい」けど。モヤモヤ。

そうして当日、生後2か月の赤ちゃんをみて「かわいいい~~!!」と癒されたのもつかの間。

親戚からの一言が。

『にこちゃん夫婦は結婚して何年目だっけ?』

…。

…。

いやいや、何も悪意はないことはわかってますよ。

でも、思ってしまったんです。

「それ、あなた達よりも先に結婚してもまだ子どもがいない私への当てつけか…?」

って。

ホント自分でも最低だとは思いました。

そんなわけないですもんね。

でも、気持ちがダメになっているとこんなにも全部を悪くとらえてしまうものかと。

申し訳なさからくる作り笑顔で切り抜けたそんな一日でした。

悔しいけど、反論できない

それから数日たってふと、仕事を退職してから一年が経っていることに気がづきました。

そして夫にこう話したのです。

「仕事を辞める時に、一年以内に妊娠できればいいな~って思ってたけど、叶わなかったから残念だったな~…」

という話が派生してあれこれ言い合っている内に夫が一言。

「俺は正直、今年一年にこが本気で妊活に向き合っていたと思えない」

え?どういうこと?こんなに頑張ってたと思ってたのに?と、思う反面

確かに後半は「妊活疲れ」からいろんなことをおざなりにしてきたのも確かでした。

 

夫の主張は「食生活と冷え改善にもっと本気で向き合ってほしい」とのこと。

(じゃああなたはどうなんだ…という気持ちもあります。笑)

反論することもできず、そのままひとりでフェードアウトしてひたすら泣きました。笑

意識してきたつもりだったけど、全然伝わってなかったんだなって。

 

今年一年は、本当にきつかった一年でした。

一番泣いた一年でした。

何が悲しいのか、最後の方はわからなくなってましたね。

生理が来るたび発狂して。笑

 

先日も夫から「最近、イライラの沸点が低すぎじゃない?」と言われ、怒り狂いそうでした。。(そんなつもり全くなかった)

だからこそ、夫と話したこの日の夜、自分の中で「リセット」をかけることができました。

とりあえず「妊活」をやめます

と、いうことでこれからは「とりあえず妊活」をやめて

「きっちり」と妊活していこうと思います。

メンタルとかセックスレスとか、そういうのをいろいろ考えて悩んできた一年でしたが、来年2020年は「自分の身体」ともっと向き合いたいと思います。

「奥さんが笑顔だったら、それで幸せ」と言ってくれる夫の気持ちを忘れていたのかもしれません。

私は私が辛いと思った時、一緒に夫が悲しんでくれると思っていたんですよね。

だけど、夫は夫。

私のことは分かってくれていても、私が望んでいる言葉をかけてくれるかは別。

 

自分のことは自分でどーにかするしかない!!と、改めて思いました。

今2019年の一年に思うことは

『こんな1年は二度と過ごしたくない』

ということ。※あくまで妊活に対しての思いです。

こんな思いはもう二度としたくない

美味しいもの食べて、友達とはしゃいで、好きなものを買って。

そんな毎日を過ごせないなら、妊活してる意味ないんじゃ?って思いました。

ブログを仕事にしたいという気持ちもありますが、外で誰かと話したり、身体を動かして働くことがやっぱり好きだなぁと思いながら過ごしたのも正直なところ。

この一年は「もし妊娠したら、すぐ辞めなきゃいけないから…」と思って就職するつもりはありませんでしたが、更新ありの派遣社員として外に働きにでたいなぁとも今は考えています。

人生は一度キリだし、毎日に起こる全てを楽しみたい。

これが私のモットーでした。

でも、今年は正直自分の性格を見失っていました。「私ってどんな性格だったっけ?」と感じることもしばしば。

そういえば今年はことあるごとに「前みたいにあれこれ楽しんでるにこが好きだった」と、夫から言われたような。。

 

「妊活」すらも楽しみながら、毎日を過ごしたい。

もっと一生懸命、すべてのことを楽しみたい。

そんな風に気持ちを切り替えることができた気がします。

ということで、2019年も残りわずかですが

やり残したと思うことは全部やりたい!!!という意欲が今すっごく湧いています。

妊活日記というより、反省と意気込みみたいになってしまいましたが、もしここまで読んでくださった方がいたらありがとうございます…!

来年こそは授かるぞー!くらいの気持ちで、妊活に向き合っていけますように!