妊活日記

【検査受診3回目】あとはただ結果を待つだけの一番苦手な時間|妊活

ここ数日で旅行に行っておりましたが、旅行直前に3回目の検査受診をしてきました。

先生は2回目の先生と同じ方で一安心。

3回目は特に進展はありませんでしたが、初めてお薬をもらいました。

初回と2回目の受診の様子

これから妊活に向けて受診しようか迷っている方は、是非以前の投稿を参考にしてくださいね。

【検査受診初日】産婦人科にいくタイミングはいつ?20代で受診を決めた理由|妊活先日、初めて妊活として病院に行ってきました。 妊活っていつから通院すべきなの? いつ、病院にいけばいいの? ど...
【検査受診2回目】検査の結果と先生から”妊娠よりも大切な夫婦のお話”がありました|妊活こんにちは。にこです。前回に引き続き、産婦人科に行ってきました。 https://niko-shufublog.com/fujin...

採血の検査結果

前回はクラミジア検査で問題なしということでしたが、今回は採血の結果を聞くという目的で受診しました。

採血では「ホルモンの量」を見てもらいました。

簡単にいうと、卵胞が受精できるようなコンディションなのかを数値で見る、ということみたいです。※あくまで私が先生の説明を聞いた感想です!

数値が200以上あればコンディションはバッチリらしいですが、私は「328」という数値で、ホルモンの量も問題なしでした。

エコーチェック

それからエコーで子宮内の膜をチェックしてもらい身体の準備が整っていることを教えてもらいました。

身体の外と中から、しっかりコンディションを整えて、排卵の条件を満たしていても妊娠の確率は20%。

改めて妊娠する確率ってすごいんだなぁと思いました。

期待しないと言い聞かせることが大事

その後、先生から

先生
先生
コンディションはバッチリだけど、20%の確率だからね?妊娠できなくても落ち込んじゃだめだよ?

と何度も念を押されました。

私のすぐ期待してしまう心理を見抜かれているよう。笑

生理が来るたびにズドーンと落ち込んでしまっていたので、「今度は期待しないぞ!」と強めに言い聞かせています。

ホルモン剤を飲む

コンディションは合格をもらえたわけですが、そのコンディションOK状態をキープさせるためにホルモン剤をもらいました。

デュファストン錠5mgというものです。

ホルモンの量は少ないと着床しにくくなるらしいのですが、多い分には問題ないとのことで、今もホルモン剤を飲んでいます。

副作用や変化は全くありませんが、だただ生理がこないかドキドキする日々。

先日まで旅行に行っていて、このドキドキを忘れられていたのでよかったかもしれません。

次はいよいよ検査結果

次の受診は、生理があるかないかで受診のタイミングが変わります。生理が月末まで来なければ、その時点で受診。

生理がくれば生理開始から10日目くらいに受診してくださいとのこと。

今年に入ってからは生理が1週間程度ずれることがざらにあり、

「生理こないー!やったーー!」

→妊娠検査薬で陰性

→ショック。。。

ということが毎月でした。

20%の確率を胸に、できるだけこのことを考えずに、月末まで過ごしたいです。

いつも読んでくださりありがとうございます。